コンテンツメーカーの魅力

MT形式でコンテンツをエクスポート

MT形式でコンテンツをエクスポート

コンテンツメーカー,MT記事エクスポート,SCK,ツール

 

コンテンツメーカーでは商品検索Youtube動画検索で取得したデータをテーブル形式でのコンテンツ出力だけでなく、MT形式でエクスポートすることができます。

 

MT形式の最大の利点は、データを一括にまとめてMT形式に対応しているブログサービスやホームページツールにインポートできる点です。コンテンツメーカーでMT形式の出力をする際に、以下の操作が可能です。

 

文字コードの一括統一

取得したコンテンツのテキストデータを投稿先の文字コードにまとめて統一できます。例えばUTF-8の文字コードのブログにshift-jis形式のテキストで出力したコンテンツを投稿したら、文字化けの原因にもなりかねません。※過去そういったケースがあった
そういう意味で、テキストデータとして出力する前の最終段階で、文字コードを調整できる機能です

 

公開設定と投稿日時・投稿間隔

公開設定では「公開」「下書き投稿」「指定日投稿」の3つが選択できます。公開は、MTデータをインポートした時点で全てのコンテンツが一括で公開されます。下書き投稿では、インポートはするけど、まだ人の目に触れない状態でストックされます。

 

指定日投稿は、ブログサービスに予約投稿機能があれば、指定された日付でコンテンツが順番に公開されていきます。最初のコンテンツの投稿日時を設定して、投稿間隔を決めれば自動的に投稿日付をずらして出力されます。

 

本文の改行・改行をバータグに変換

取得したコンテンツの説明文などの中に、改行があれば自動的にHTMLの改行タグを挿入して、自然な折り返しポイントを用意するというオプションです。商品説明によっては、何の改行もないため、投稿した際に、文字がずらずら〜っと羅列されるだけの状態になる事があります。そのため、特定の記号などを改行ポイントに見立てて、記号を改行に置き換える機能が搭載されています。
例 ★ → 。、。→改行タグ 等

MT形式でコンテンツをエクスポート関連ページ

商品取得機能
コンテンツメーカーでは商品検索で楽天・アマゾン・電脳から取得することができます
情報検索機能
コンテンツメーカーではYoutube動画や教えてgooやYahoo知恵袋、WIKIPEDIAやヤフーブログなどから様々な情報を取得することができます
テーブル形式でのコンテンツ出力
コンテンツメーカーはキーワードで取得した商品や動画情報を様々なテーブル形式でHTMLタグとして出力可能です。