中古ドメイン調査取得ツール コロンブス(columbs)

簡単操作で中古ドメインが見つかる

簡単操作で中古ドメインが見つかる

中古ドメインが見つかる,コロンブス,columbs,SCK,使い方

 

コロンブスは中古ドメインを探索するという高度な知識を必要とする作業を、まったく知識がない初心者であっても、取得したいジャンルのキーワードと運営したいドメインを選択するだけで、あっという間にいくつもの取得可能な中古ドメインを見つけてしまうツールです。

 

最大6件のキーワード検索が可能

中古ドメインが見つかる,コロンブス,columbs,SCK,使い方

中古ドメインというのは、単純に「取得できればいい」というものではなく、前の運営履歴とこれから運営する予定のジャンルがしっかりとマッチしている事が重要です。そのために、関連した情報があるかどうか、最初に「キーワード」で関連性があるドメインにのみ絞り込んで調査ができます。最大6件まで同時に探索が可能です。

 

取得ドメインの選択

中古ドメインが見つかる,コロンブス,columbs,SCK,使い方

独自ドメインの後ろについている「.biz」「.com」「.info」というのはTLD(トップレベルドメイン)と呼ばれ、それぞれ運営条件や価格なども違います。キーワード検索で関連性のある中古ドメインが見つかっても、例えば「co.jp」というのは法人のみ利用可能なドメインであったり、年間1500円の運営費のドメインに対し、維持費だけで7500円もかかるドメインもあります。そういった点から、自分にあった中古ドメインを選ぶために、取得ドメインのチェックのオプションは重要です。「その他」の項目では、日本ではあまり見かけることがない海外ドメインなども見つかる事があります。

 

自動で行う3ステップの選別工程

中古ドメインが見つかる,コロンブス,columbs,SCK,使い方

 

コロンブスでは取得可能な中古ドメインを絞り込むために3つのステップ選別工程があります。最初に指定した「キーワード」や「選択ドメイン」から総あたりで該当するURLをWEB上から探し出す「調査URL」という工程を行います。この中から、条件に一致したドメインのみ「取得済みドメイン」の一覧画面に表示され、さらに厳選した条件一致したドメインのみが「抽出ドメイン」に表示されますが、ここまでユーザーは一切手をかける必要はなく、自動的に行われます。

 

抽出ドメインの画面では条件一致したドメインが取得可能かどうか?運営履歴で期限切れになっているかどうかなどのチェックだけでなく、その運営元にリンクしているバックリンクサイトの一覧情報なども取得します。全てのチェック工程を終えると最終的に、有効期限の欄に「取得可」という表示がでます。

 

簡単操作で中古ドメインが見つかる

簡単操作で中古ドメインが見つかる関連ページ

whois情報やバックリンクもチェックする
コロンブスは取得可能な中古ドメインに対して、元の持ち主のwhois情報や運営元サイトへのバックリンク情報もチェックできます。
取得可能ドメイン一覧表示
コロンブスは一度見つけた取得可能ドメインは「取得可能ドメインリスト」に自動的に追加されていき、いつでも確認ができます。