中古ドメイン調査取得ツール コロンブス(columbs)

whois情報やバックリンクもチェックする

whois情報やバックリンクもチェックする

運営履歴,バックリンク チェック,コロンブス,columbs,SCK,使い方

 

中古ドメインを取得するにあたって必要な「whois情報」や「バックリンク元」、さらにはバックリンク元からのアンカーテキストまで確認する事ができます。上記の画像は完全に有効期限が切れた「取得可」の状態の中古ドメインです。

 

例えばこの画像を例にあげたのは、バックリンク数が2200もあってMOZのオーソリティも「3.6」、約ページランク2のドメインですが・・、運営期間を見ると、2012/10月〜2013/10月とおよそ、1年でリンク切れになっています。

 

これが何を意味するか?ドメインの所有権は1年と考えれば、約10日も早く期限切れになっています。そして、このわずか1年という期間に結構な数のリンクが増えています。単純に更新費用を払い忘れてドメイン切れになったのか?意図的な被リンク供給でペナルティを受けた険なドメインじゃないか?というのは、ツールの機能ではなく、ツールを利用するユーザーの知識レベルと判断力が重要です。、やはり、本格的に中古ドメインでネットビジネスを行っていくのであれば、リスクについての知識を勉強する事をおすすめします。

 

コロンブスを動かすことはずぶの素人でもできますが、コロンブスが見つけてきた新大陸・・もとい中古ドメインに上陸するかどうかはあなたしだい・・中古大陸にはウイルスという名の先住民がいたり、先駆者が食い荒らしてもはや人が住めない状況で手放された荒地のドメインもありますので・・。

whois情報やバックリンクもチェックする

whois情報やバックリンクもチェックする関連ページ

簡単操作で中古ドメインが見つかる
コロンブスは難しい操作が一切必要なくボタンひとつで取得可能な中古ドメインが簡単に見つかります。
取得可能ドメイン一覧表示
コロンブスは一度見つけた取得可能ドメインは「取得可能ドメインリスト」に自動的に追加されていき、いつでも確認ができます。