記事のコピペ重複チェックツール イーグルアイ(EYGLEEYE)

チェック結果の出力が可能

コピペチェック結果の出力分けが可能

記事チェック結果,コピペチェック 保存,イーグルアイ,EYGLEEYE

 

記事のコピペチェックが終わったデータは条件を指定して「記事保存」で出力が可能です。例えば、チェックした結果「重複がなかった=OK」という結果がでたテキストデータのみ保存したい場合は、「保存する記事」で「OK」の項目にチェックを入れます。また、納品された記事チェックを行った場合、問題があった記事のみ出力したいというケースであれば、「警告」にチェックを入れて出力したりなど、ケースバイケースで条件を指定できます。

 

保存するファイルの種類も用途別に変わってくると思います。チェックした記事が最終確認で、そのまま完成記事として利用したい場合は、テキストデータとして出力すれば、すぐに活用が可能になります。また、MT形式のインポートに対応してるブログにまとめて投稿したい場合はMT形式としてエクスポートでもそのまま利用できます。
マルチブロガー上でもインポート可能

 

詳細設定でステータス毎にフォルダを分けて出力すると、「利用できるオリジナル記事」と「使えないコピペ記事」の混在が防げて作業がスムーズに行えます。

 

途中中断データの再開にチェック結果の保存

記事チェック結果,コピペチェック 保存,イーグルアイ,EYGLEEYE

 チェック結果の保存を選択すると、イーグルアイのみで読み込み可能な.crtファイルという特殊な形式で保存されます。読み込んだテキスト量が多ければ、その分だけWEB上のコピペチェックには時間がかかります。その際に、いったん停止して、途中の状態を保存しておき、後から保存したデータを読み込み再開するなどに利用できる機能です。

 

また外注先のライターさんもSCKに入会した上でイーグルアイを利用しているのであれば、チェック結果のデータを送ることで、確実にコピペや文節マッチの部位を明確に伝える事ができますが・・、ライターもイーグルアイを持ってるのであれば、納品前にチェックしろ!って話ですけどね・・。

 

 

チェック結果の出力が可能

チェック結果の出力が可能関連ページ

テキスト、CSV、MT形式の読み込みに対応
EYGLEEYEは記事チェックの際、様々な読み込み形式に対応
文節・段落レベルで重複チェック
EYGLEEYEでは入力したテキストを利用してるWEB上のコンテンツを文節・段落レベルでコピペチェックができます。