記事のコピペ重複チェックツール イーグルアイ(EYGLEEYE)

文節・段落レベルで重複チェック

文節・段落レベルで重複チェック

重複チェック,段落一致,文節マッチ,イーグルアイ,EYGLEEYE

 

こちらのページで解説したようにチェックするテキストデータを読み込ませた状態で、イーグルアイを実行すると、WEB上から類似コンテンツを解析し、読み込んだテキストとのマッチ率をチェックした後、上記のように該当するページが表示されます。

 

文節マッチとは?

重複チェック,段落一致,文節マッチ,イーグルアイ,EYGLEEYE

 

段落、言い回しがこれでもか!というくらいまったく同じで、どこかWEB上のテキストをパクって記事として公開した事をごまかすことができないレベルでマッチした状態。購入した記事や特典でついてきた記事、個人が配布したような記事など、不特定多数が利用してる可能性がある記事ならほぼ100%で判明してしまう。ツール上では、チェック対象記事本文の画面に赤マーカーでどこからどこまで一致してるのかが明確に表示される。

 

マッチ比率とは?

重複チェック,段落一致,文節マッチ,イーグルアイ,EYGLEEYE

 

チェック元のテキストと、チェック先のWEBページのテキストとの部分一致も含めた総合的な類似率。文節マッチ以外にも端的なキーワードや言い回しの一部がマッチした場合、背景黄色マーカーの赤文字でカウントされる。完全一致と部分一致の総合がマッチ比率となり、基本的に30%以下ならたまたま偶然マッチした端的なキーワードが多い・・くらいの類似記事だが、50〜70%となると、パクられたか、同じコンテンツベース(買った、貰った記事)を利用している可能性がある。

 

このような情報が簡単にわかってしまうのがイーグルアイの性能の高さともいえる。
記事外注を自分がするとして、いい加減な記事を書いて納品するようなライターは瞬時に見抜かれてしまう

 

文節・段落レベルで重複チェック

文節・段落レベルで重複チェック関連ページ

テキスト、CSV、MT形式の読み込みに対応
EYGLEEYEは記事チェックの際、様々な読み込み形式に対応
チェック結果の出力が可能
EYGLEEYEでWEB上のコピペチェック後はチェックデータを細かく分けて保存することができます。